a IESE class of 2014, strategy consultant has focused on emerging economy and innovation management writes about learning from MBA, feeling from daily life, with photography. Twitter : @dsaga


by dsaga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

noblesse oblige

土曜日の深夜にパートナーから送られてきたmail。内容は触れられないのだけど、強く同意し、彼と同僚であることを嬉しく思い、改めて自分を律していかなくてはならないと気を引き締めた。
[PR]
by sagad | 2010-02-28 22:32 | Business

パパに。

さて久しぶりのエントリー。プロジェクトは佳境を迎えているのだけどふとしたきっかけでパートナーに同行してクライアント先へ。他の関係者を含めて待ち合わせ場所でクライアントの到着を待っていると、近くで子供向けのイベントがあったようで、あたりにははしゃぐ子どもたちがたくさん。それを横目に見ながら談笑する家族の面々。

ぱっとみ何事もないのにケタケタと笑い続けながら走り回り続けている子どもたちの元気をみて負けてられないな?と思いながらクライアントの到着を待つことしばらく。

こつん、と足元に感覚があったので下に眼をやるとそこには2歳前くらいの男の子。

さすがに身長差もあるし、柱か何かと間違えたのかな、なんて思いながら眺めていると、避けてどこへいくわけでもなく僕の足もとでもそもそしている。

どうしたんだろ?と思いつつも子どもというのはかわいいものだなと見ていたら彼はこっちを見上げて目があった。子どもの瞳のきれいさをみて負けたられないな?と感じつつ微笑みかけた。

彼は僕のズボンをつんつんと引っ張りながら僕の方を見て言った。


「・・・パパぁ」

あはは人違いだろー、と一瞬思った直後に、同行した関係者の視線と周りの視線含めてことの複雑さを感じとった。

「え?sagadさんって・・・?」

「え?いや・・・え?違いますよ」

「もしかしてsagad・・・」

「いや、ないですよねそういうのは」

久しぶりにあたふたする自分をアタマのどこかで客観的に感じながらもえらく不自然に。その不自然さが疑いといじりを誘いそれが更なる不自然さを誘うサイクル。

そうこうしている間に彼の母親らしき人がさっと現れて、

「○○くん、その人パパじゃないのよっ」

とさっそうと去っていった。


そしてなぜか少々居場所に困っている自分が残った。



少なくとも良かったのはそこに旦那さん(本当のパパ)がいなかったことではないかと思う。もし自分に子どもがいて、その子が他人にくっついてパパーと呼んでいたら、僕は複雑な気持ちになるだろうから。

それにしてもお父さんを間違えるとは不思議だ。目があった後も間違えたことに気づくような素振りもなかったし。よほど似ていたのかな(そういう意味では本当のパパを見てみたくもあったな)。




#いうまでもなく、上記はクライアントと合流して打ち合わせに入る前の格好のアイスブレイクになった(された)
[PR]
by sagad | 2010-02-28 01:55 | Business

よし菜

先週は出張続き&プロジェクトも山場で慌ただしく過ぎた。出張の中で京都へもいった。今回は先斗町へ繰り出した。行った先はよし菜というお店。ぶりしゃぶをいただいた。
疲れてくるとやさしくておいしい和食が食べたくなる。今回はぶりしゃぶにめがとまったわけだ。思えばぶりしゃぶ自体今回が初だったのだけどこれはおいしい。刺身や寿司だとそんなにたべないのだけどしゃぶしゃぶにするとさっぱりとしていくらでも食べれそうだ。

次回は祇園にいってみたいと思う。
そして春にはタイミングがあえば円山公園にでも。
そして夏にはタイミングがあえば川床と祇園祭にでも。


#肝心のぶりがピンボケだったりする。。
e0019200_2393995.jpg
e0019200_2373362.jpg
e0019200_2374628.jpg
e0019200_2375272.jpg
e0019200_238253.jpg

[PR]
by sagad | 2010-02-22 00:02 | Life

999 自己完結のValue

ふとブログのアクセスレポートを見ていたら今998エントリー(このエントリーで999)。後一歩で1000エントリーになる。日記を書き始めたのがもう12年近く前になる。その後その日記はmixiの日記になり、livedoorのブログになり、exciteのブログになった(時に2-3ヶ月書かなかったこともあったような記憶もなくはないが)。

そこで2/17の過去のエントリーをふと覗いてみた。当時の自分が何を考えていたのかと。

2009: N/A
2008: なかなか戻らず
2007: N/A
2006: 自己完結のValue
2005: WillとSkill。(実質17日にエントリーしたのはこちらと思われる→WillとSkill②。

って5年のうち2年は2/17にBlogをエントリーしていないわけだけども。

ぱっとみたときに、2005と2008はどういう状況だったかピンとこない。写真展のことは覚えているけど(初めて一眼レフを持って外に出た日だった)。しかし2006年のこの日に何が起こったかは克明に覚えている。また時間のある時にゆっくり振り返りたい。
[PR]
by sagad | 2010-02-16 20:19 | Life

箱根は天成園

日曜日は急遽午後から箱根は天成園へ。よくよく考えてみたら初めての日帰り温泉体験。いい。東京からだと片道90-120分程度で到着するので案外ゆっくり温泉を楽しむことができます。食事もゆっくりできるし。宿泊しないのでお金もかからないし。

さすがに温泉の写真は撮らなかったが、ライトアップされた滝と竹林を見下ろせる素晴らしい露天風呂だった。帰りは近くの蕎麦屋さん”はつ花そば”へ。偶然見つけたお店だったのだけど美味しかった。

そしてひょんなことから東京タワーによって帰る。写真がキレイにとれたのでブログの写真をupdate。


高速を走ること90分程度、
e0019200_0235724.jpg

温泉に入る前に庭園をぶらぶら。
e0019200_0241143.jpg

うちみを治しにいったわけではないが。
e0019200_0242070.jpg

ライトアップされた滝は幻想的にもみえる。
e0019200_0243078.jpg

はつ花のとろろ蕎麦。ふわふわの自然薯とつゆの割合が6:4くらい。
e0019200_0243863.jpg

街全体に風情を感じる。
e0019200_0244662.jpg

帰りの東京タワー。箱根の風情と比べるとGAPがある。そしてどうしてもピンボケが気になる。。
e0019200_0245260.jpg

[PR]
by sagad | 2010-02-16 00:28 | Life

希望論

e0019200_2111115.jpg
「希望」論
堀江 貴文 (著)

とても静かな本だったと感じる。堀江さんがブログを再開して久しいが、その中で触れられていた内容をシンプルにまとめている + 自分の価値観について触れられている。静かだと感じるのは言葉遣いが穏やかだからであり、結論を読み手に押し付けることなく自分はこう考えると淡々と綴られているからだろう。あとがきの中で、堀江さんはこの本について次のように書いている。
P.201
この本は私から読者に「おせっかい」をするためのツールである。
それでも読んでいておせっかいに感じる部分は感じられない。それは彼の価値観が”諸行無常”、”万物流転”に立脚しており、自分のメッセージこそ素直に伝えるが、受けての解釈の仕方やその後のリアクションについては自分でコントロールできるものではないと理解しているからではないかと思う。後は僕も上記に関して似た考え方をしているので余計と何の違和感藻感じられなかったのかもしれない。

内容自体も多岐に渡っていて面白い。その中でも特に印象に残ったのは次の1つ。
P.76
 考える余裕をなくすっていうことは、言い方を変えると「ぼーっとしない」ということです。ぼーっとするとそういうことを考えちゃいます。
 それをいったら瞑想修行みたいと言われたことがあります。仏教の基本の修行にそういうのがあるらしいですね。常にいまのことを考え続ける。常に常に、いまいまいまって。そのときの行動に集中するらしいです。ジュースを飲むなら、私は飲んでる。座っていたら、私は座る、座る、座る。人と会ってても、しゃべってる、しゃべってる。聞いてる、聞いてる。まあそういうのがあるらしいです。
 それを聞いて、じゃあ僕はたぶんずーっと瞑想修行してると思いました。このやり方ってのは正しいですよ。これはたぶん僕の生き方ですね。ぼーっとしないというのは。ぼーっとしてしまうと心の内容を次々妄想してしまうんです。仏教ではそれをいさめてるんだそうです。そのための修行だそうです。僕もぼーっとすることを自分でいさめています。

[PR]
by sagad | 2010-02-13 22:42 | Book
e0019200_1602674.jpg
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海 (著)

ドラッガーの『マネジメント』を片手に野球部を立て直して甲子園を目指すマネージャと監督、部員たちの物語。いくつかの言葉が文中でも引用し紹介されている。僕もドラッガーの書籍は好んで読んでいたのでこれらの言葉の素晴らしさは理解しているつもりでいる。

この本が良いのはそれらの言葉を読んで実際に行動へ移行することを物語を通じて擬似的に経験できるところにあると思う。

物語に入り込むまでは、どうも高校の野球部のイメージとドラッカーの言葉の結びつけ方に違和感を覚える部分があったが物語が盛り上がればそういった違和感は薄れる。抽象度を上げれば逆に野球部でのマネジメントを実際の企業組織でのマネジメントでの具体的な行動のレイヤーでどうするべきかを考える材料にできると思う。


改めてドラッガーの言葉に触れたが、何度読んでも、特にマネジメントの真摯さの重要性に触れている部分は胸に刺さる。

#1時間程度で読み終えたのだけど大半をランチの時間帯に読んだ。ところどころ目頭が少々熱くなるシーンもあった。↑のような表紙の本をお好み焼きを食べながら読んでなんとなく目を潤ませている姿は周りにどう映ったものだろうか:P
e0019200_16183598.jpg

[PR]
by sagad | 2010-02-13 16:23 | Book

GMS経営戦略パーティ

水曜日は年に1度のGMS経営戦略のパーティ。ATKの梅澤さんに鍛えられた面々が集まる場だ。毎回趣向を凝らしたコンテンツになっていてとても濃密で、楽しい時間が過ごせる。今年のメインイベントはパネルディスカッション。梅澤さんをファシリテーターとして迎え、3名のパネラーがそれぞれの企業のグローバル戦略についてプレゼン、会場あわせて議論を戦わせるというものだ。それぞれが準備に準備を重ねたマテリアルで話す。それに対して梅澤さんの鋭いツッコミが入る(ファシリテーターだったのだろうか?なんて思ったり)。

仕事とはまた違う場でこうした議論ができるというのはとても嬉しいし、こういったつながりはとても大切だと思う。

印象的だったのは梅澤さんからの言葉(ディテイル間違っているかもしれないが大筋はこのようなメッセージだった。
”今年に入ってからも何度か内需型産業のグローバル展開についてのディスカッションをする機会はある。そんな中で、使う資料はほとんど去年の今頃と変わっていない。課題認識としては皆が持っていて共感するが、まだ変わることができていないのだ。これは他人の話ではなく、個々に集まっている個々人にとっての話である。自分たちが変わらなくてはならない、変えなくてはならない。昨年、そして今年ディスカッションした内容が、来年のパーティでは1歩でも2歩でも前に進んだ内容になっていてほしい。”
このパーティに限らず、梅澤さんから受ける刺激は多い。翻って自分をもっと磨かねばと思う。
e0019200_15453298.jpg
e0019200_15454240.jpg

[PR]
by sagad | 2010-02-13 15:56 | MBA

ランチをきりとる

今日も午前中に出かける用事があったので、思い立ってカメラをもって家を出る。そして用事を済ませてからランチの写真を撮る。たまたま入った神南軒というお店がとても良かった。料理は美味しいし、雰囲気もとても良い。吹き抜けから日が差し込むつくりになっているので今日のように晴れの日の昼はとても明るい。白とベージュを基調にした店内が一段と明るさを増す。螺旋階段もあるし、この雰囲気だとレストランウェディングや結婚式二次会に使うことも十分できると思う。

久しぶりに写真を撮った。気持ちよかった。
e0019200_1714133.jpg
e0019200_17142186.jpg
e0019200_17143281.jpg
e0019200_17144123.jpg

[PR]
by sagad | 2010-02-07 17:21 | Life

チームワーク

今回のプロジェクトは陸上でいうと400M走。ペース配分はある程度考えるにしても基本全力疾走。前半でセーブすると後半巻き返せるかどうかが危ういし、飛ばしすぎたら最後までばてずに走り抜けられるか危うい。

そんな中で嬉しいのは信頼のおける仲間とのプロジェクトであるというところ。既にチームビルディングできているというのもあるし、そもそも馬が合う。本格的にプロジェクトを共にするのは初めてで日々学ぶことは多い。素直に学べることもあれば反面から学ぶこともある。歳が近いこともあるのでそうこうして気づき、学んでいる自分を見て気づくところも多い。
気がつかないうちにできあがっていた自分の甘いところであり、自分の強いところでありに気づくことができる。

プロジェクトを成功させることが第一だが、その過程で自分とチームを高めることができたらと思う。

#最近写真を撮っていなかったので無理やり撮った照明。家電やモバイル端末が増えるにつれて家の中のコードの収拾がつかなくなっていく。。
e0019200_171363.jpg

[PR]
by sagad | 2010-02-07 01:33 | Business