a IESE class of 2014, strategy consultant has focused on emerging economy and innovation management writes about learning from MBA, feeling from daily life, with photography. Twitter : @dsaga


by dsaga
カレンダー

<   2008年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今日は2冊本を読み、英語に触れ、カメラのクリーニングのために銀座へ行き、ぶらぶらしながら夜は今年第1回目の忘年会へ行き、ラーメンを食べて家に帰る。
読んだ本は村上春樹の『アフター・ダーク』と海堂尊の『イノセント・ゲリラの祝祭』(詳細は最近少々たまりつつあるBookタグエントリーへ別途書きたい)。面白い小説は自分の中でその世界を描くことができているような感覚になり、文字を読んでいるという感覚も無く一気に読み終えてしまう。とても幸せな時間だ。

しばらく考えていたのだけど先日カメラを買い換えた。これまで使っていたものは友達に譲ることにしたのでそのためにNikonのサービスセンターへクリーニングに出しに行く。初めてデジタル一眼レフを手にしたのは去年の6-7月だった。それから1年半弱、撮った写真は6000枚弱。500日だとして毎日12回ずつシャッターを切ってきたことになる。起きてる時間が18時間として、毎日90分に1回シャッターを切ってきたことになる(こう考えるとあんまり多くないような気もするな)。
キレイになって帰ってきた。手放してしまうのが少し寂しくもあるのだけど、信頼の置ける友達に使ってもらえると思うと安心。とても楽しみにしてくれているようだし。どんな写真をとってくれるのか僕も楽しみだ。

その後クリーニングの間にも読書をしたり英語に触れたりしながら夜は忘年会へ。久しぶりに会う。今は別の仕事をしている以前お世話になった人含め数人。頭の回転が早い人で話が面白いので聞き入っていたらあっという間に3時間経つ。

帰ってきてからは読書の続き。

仕事を忘れた一日だった。
[PR]
by sagad | 2008-11-30 02:26 | Life

ワイルド・ソウル

e0019200_197168.jpg
ワイルド・ソウル
垣根 涼介 (著)

後ほど。
[PR]
by sagad | 2008-11-27 19:08 | Book

イメージは明確に

最初は立ち位置とかキャラクターの切り替えっていうのをうまくやっていかないとなと思っていたのだけど、とどのつまりゴールのイメージがどれだけ明確にできているかだなというところに落ち着いた。

次の仕事もステークホルダーが多く、立ち回り方が難しいと感じていた。自分がリードしていい部分と、他の方がリードするようにコントロールする部分との切り分けだったり、そのコントロールのための動きだったり。

なのだけど、ゴールのイメージが明確になっていたら、そういうのいちいち考える必要なくなるんじゃなかろうかと思った。プロジェクトが終わったとき、その後ビジネスがかたちになったときに誰が何をしているのか。ビジネスモデルに名前と顔を入れてみる。そしてその中で自分は何をしているのか/いないのか。
そういうことを具体的に考えていったら、むしろ切り替えが難しい云々ではなく、自分が動いたらいけないところ、ここはあなたがやらないといけないんだと判断できるところがいくつか思い浮かんでくる。そのイメージに重なるために誰にはどういうことを理解しておいてもらう必要がある、リレーションを密にしてもらう必要がある等々。そしてそのイメージに期限が入ると、この必要性もいつまでに、という期限が入ってくる。


とはいえ現状のステークホルダーを理解するまではやはり手探りの部分もある。

具体的にゴールイメージをupdateしていきながら、現状を丁寧に理解していきたい。
[PR]
by sagad | 2008-11-26 21:22 | Business

「経験知」を伝える技術

e0019200_2049876.jpg
「経験知」を伝える技術 ディープスマートの本質
ドロシー・レナード (著), ウォルター・スワップ (著), 池村 千秋 (翻訳)

後ほど
[PR]
by sagad | 2008-11-25 20:52 | Book

少しはやめのクリスマス

e0019200_0165087.jpg
土曜日は友達が主催していたクリスマスパーティへ。最近疲れていた上、金曜日の会社の飲み会で軽めの2日酔いになっていたこともありあまり無理はするまいとふらりと参加させてもらった。時間も人も密度が濃くて楽しむことができた。途中からメインの会場から少し離れた中2階の部分で人を見ながらすごしていた(人間観察が好きなのです)。あっという間の2時間だった。

それにしてもどうも体調がすぐれず日曜日は寝て過ごす。これだけ寝れるというのも珍しいと思う。風邪ではないと思うのだけどどうも頭が重い。そしてたまに鼻がつまる。

・・・やっぱりこれは風邪じゃないだろうか。今は頭が重いだけなのだが。いつもの風邪のときと頭痛の感覚が違うからか、どうも違和感。

最近急に寒くなったり少し暖かくなったりしながら徐々に寒くなっている。

健康に気をつけていきたい。
[PR]
by sagad | 2008-11-25 00:24 | Life

混乱のさなか

本当に混乱すると、混乱しているのかしていないのかの判断も明確につかなくなるものなのだろうか。いや、混乱していないという判断が下せなくなる(=混乱している)が、その原因も具体的な状況も把握できない、直接・間接的に得る断片的な情報の解釈に一貫性を見出すことが困難になる、といったところだろうか。その整理のつかない、でも自分の中で解釈を留保できない状態が、個人の内側に相反する意味を生み出し続け、さらに混乱に導くのか。

他人事ではない。
そうだったとしてもそう割り切って自分の中でケリをつけてしまえるほど自分は成熟していない。

そんな状況の中だからこその学びというのは多い。

そんなときだからこそそれぞれの本音、普段みられない一歩深い欲求というか動機付けの要因が垣間見える。それとの各人の折り合いのつけ方にしても、他人とのコミュニケーションの仕方にしても、どのようなスタンスでのコミュニケーションが、どのポジションの人に、どういう印象を与えるのか、その人がどういうリアクションを返すのかということを身をもって理解できる。

そして上記は自分にも当てはまるだろう。

こういうときだから自分が普段自覚できない一歩深い価値観であり環境への対応の仕方でありが理解できるのだと思う。


捉え方ひとつで、自分にとって得がたい経験になるのだ。
e0019200_0103641.jpg

[PR]
by sagad | 2008-11-18 23:57 | Business

もっとぶつかろう

仲間同士での強烈な対立的議論から、大きな飛躍が生まれる。
http://www.careerinq.com/press/mitani/


相手への敬意と信頼と、謙虚さを忘れずにぶつかり続けたい。これまでよりも強く・深く・しなやかに。
[PR]
by sagad | 2008-11-17 16:14 | Business

プレッシャー

ぐっとプレッシャーを感じる。
こういうときにこそ、これまでに学んだことが活かせるのだと思っている。意識して、プレッシャーだと自分が感じているものの解釈を変えて、自分の選択する反応を変える。

潰されるでもなく、逃げるでもなく、自分をごまかすでもなく。

受け止めて、学びを得て、自分の成長の階段の1つにしていく。

チャンスなのだ。
e0019200_23192860.jpg

[PR]
by sagad | 2008-11-16 23:19 | Business

自律したキャリア

自律したキャリアについて考える機会があった。
ポイントは、具体的に将来をイメージして、やれることからどんどんやる・発信する、常に前向きに楽しんで。といったあたりか。書いてしまえはごく当たり前なのだけど、それを当たり前にやっているかといわれると部分的にだなーという感じ。

考える中で、自分のキャリアのいいとき/わるいときを横軸に時間をとってプロットしてみた。自分の価値観が見えてくる。これまでにやっていたStrength Finderだったりその他テストの結果が具体的なシーンに結びついてくる。なるほど自分ってそういう人間だったのかと事実と結びついて認識。

新しいことを学び続けることが好きで(目的よりも過程)、何でもかんでも知りたがりで(目的よりも過程)、人と深く仲良くなるほどに自分を活かすことができて、相手個人個人の”らしさ”を理解してそれが活かせるように協力することが得意で(人を知ること・活かすことが好き)、なんだかんだあるけどオレは絶対にできるって言う(根拠のない?)確信を持っている。

自分をupdateし続けることと、自分らしくい続けることのバランスのとり方はよくわかっていないが、仮面をつけることなく前に進んでいけたらと思う。
e0019200_212791.jpg

[PR]
by sagad | 2008-11-16 21:00 | Life

ギリギリ

休日をのぞいて毎日エントリーをしてしばらく経つ。今日はギリギリ。時間が無かったのもあるけど、頭にエントリーする内容を思い浮かべる余裕がない。複数のタスクを頭を切り替えながらやっていると、余裕というか遊びというか、そういったものが失われがちになる。

隙間時間にiknowで英単語を携帯電話でぽちぽちと学んでいるけど、それもタイミングによってパフォーマンスが全然違ってくる。自分の心の落ち着き、頭の疲れの度合いを見る良いバロメーターになる。

集中力のキャパも考えた仕事の組み合わせ、ペース配分って言うのもあるんだろうと思う。自分の中で完結しない、人とつながることに効率を求めるのは是としないのだけど、個人で完結できるものについてはもっと効率というか合理性を追求していいのかもしれないと思う。


そろそろ紅葉の季節だ。
e0019200_23383730.jpg

[PR]
by sagad | 2008-11-13 23:58 | Business