a IESE class of 2014, strategy consultant has focused on emerging economy and innovation management writes about learning from MBA, feeling from daily life, with photography. Twitter : @dsaga


by dsaga
カレンダー

<   2008年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

USのパートナーと電話会議。そして感じさせる。何とかなる / まだまだいけるって。
こう書くと自分たちがよほど追い詰められているのか、なんともならない状況にずっといるのかと思われるかもしれないがそうでもない。それでも話していると自分の中で開けていくものがあるのだ。

このパートナーは以前ブログに書いた何とかなりそうな気にさせる人からの紹介でコンタクトすることができた。AクラスはAクラスを呼ぶ、ということだろうか。

One Firmだなというのを改めて感じた。

自分も最近相談されることが増えてきているが、周りにこう思われるような存在にはまだまだまだ距離がある。とてもいい刺激をもらえる。具体的なモデルを身をもって教えてもらえる。本当に嬉しいことだ。


まだいける。
e0019200_0541944.jpg

[PR]
by sagad | 2008-08-29 00:54 | Business

オーバーホール

一ヵ月半ほど前にオーバーホールにだしていた時計が返ってきた。使い始めてから4年半位、最近はベルトの細かい傷や汚れが気になっていた。
返ってきてみるとピカピカ。なんだかまた新品を身に付けるようで気持ちも幾分締まる。

末永くつかいたい。
e0019200_1911488.jpg

[PR]
by sagad | 2008-08-28 19:17 | Life

リーダーはやらされない

些細なきっかけで感じたことなのだが、リーダーに大切な要素として、何事にも”やらされ感”がないことというのがあると思う。”やらされ感”がないとは、言い換えれば自分なりの意志・解釈を持たずに(明確にせずに)(不本意ながら)動くことをしていないということだ。

逆を言えば、何をするにしても自分なりの意志・解釈を持って、それを明確にして、やるべきこととしてやっていく必要があるということだ。

それをしないということは、
自分の意志・意図とは関係なく、組織の都合等他の力に自分は(不本意でも)流されますというメッセージになる。
特にやることに価値を見出せていないのなら、価値が無くても都合に流されますというメッセージになる。
価値が無いことをやることに不満を感じ、それを表に出していては、相手に対しても価値がないと分かっているし申し訳ないけど、他の都合があるからやりますよ、他責にしていますよというメッセージになる。

何事にも意味があると思っている。もし自分が何かしら自分発信以外の都合で動く必要がでてきたとき、他を動かす必要が出てきた時には、それの意味を自分なりに解釈して、自分としてやるべきなのだという意思決定を明確にしてから動いたほうが良い。

そして、本当に意味がないのであれば、きっとそれはやるべきではないのだ。



自分のこれまでの行動を幾つか反省した。
e0019200_0123181.jpg

[PR]
by sagad | 2008-08-25 23:48 | Business

ゆとり

ゆとり。意図的に無理やりでもつくるものなのだなとふと思う。忙しい、ゆとりがないばかりで日々過ごしているようであれば、ゆとりを手に入れることも、忙しさから自分を解放することも難しいのだろうなと。
e0019200_849379.jpg

[PR]
by sagad | 2008-08-25 08:49 | Life
エンゲージメントにはチームで臨む。
そのチームのかたちがある程度のレベルで安定しつつあるような気がする。でも、まだ出せる力の全てを出し切れてはいないとも感じている。

ゆらぎを与えていきたい。
e0019200_018054.jpg

[PR]
by sagad | 2008-08-22 00:18 | Business

Test Youtube

Youtubeが貼り付けられることになったとのこと。試しに貼ってみる。

絶対に乗りたくないスクールバスとのこと。
・・・運転してみたい気もするが。そして最後列なら乗っても案外大丈夫かもしれない。


[PR]
by sagad | 2008-08-20 23:58 | Videos

限りある時間から

読書。時間がたっぷりあるときよりも時間が限られている方が速く読めるし、理解も明確に感じる。
仕事。時間がたっぷりあるとずるずるとやってしまうことがあるが、時間が限られている方が頭の回転も速いし、結果アウトプットの内容も良いと感じる。
遊び。時間がたっぷりあってなんとなく遊んでいても楽しいが、時間を限って遊ぶとメリハリがつくし全くつまらなくはならない。案外楽しい。

基本的に時間が限られている方がいろいろな効果・効率が高い。
時間があると逆に効果・効率が下がる。

色々とやりたい気持ちの大きさ、はやくやらなきゃいけない度合いの大きさなどあるが、”時間ができたらやる”という意思決定をしたものはまずやらないと考えた方がいい。

なので、”やりたいんだけどやり終えるまでに時間がかかるから後でまとまった時間がとれたときにやろう”などとは考えない方がいい。細切れにでもして(多忙であっても)日常に織り交ぜておいたほうがいい。

それができないなら、可能であればそれは自分がやりたくないことなのだと判断して諦めた方がいい。諦めずに引きずるのは他のやりたいことに対して悪影響を及ぼす。やるべきなのにできてないという自分への自身の喪失につながるし、ToDoリストに残っているのだとしたらそれが多少のプレッシャーになる。


もし、やりたいのにできていないことがいくつもあるようだったら、それは本当は自分はやりたくないんじゃないかと考えてみる。捨ててみる。

そうやっていくと過去の生活が”本当の”自分を教えてくれるかもしれない。時間が足りないと感じるような日々を送っていたら尚更だ。その時間を何に費やすかこそ、自分の優先順位の現われとなる。

そして、そんな自分を変える手段は、”これをやりたい”、”これをやるべきだ”と決意を新たにするよりも、こまぎれであってもその一歩を踏み出すことなのだと思う。



さて、自分はどうだろう。


(やりたいと思っていなかったのに継続的にできていることを見つけることもおもしろい。)
e0019200_20232764.jpg

[PR]
by sagad | 2008-08-20 20:18 | Business
ほんの一言二言話しただけで”何とかなりそう”な気にさせる人がいる。具体的に何がどう解決したわけでもないのに、雲が晴れる・景色が広がるように感じさせてくれる人がいる。自分の中で少し閉塞感というか、どうも突き抜けられない感じが漂っている時に特に感じるのだが。

何でそう感じるかを考えると、その一言二言話した瞬間だけがそうさえるのではないことに気づく。それはその人の普段の行動でありその人と共にした過去の中での振舞いがそう思わせるようだ。その人がその一瞬で何を言ったのかではなく、その一瞬でも接点を持てた相手が自分にとってどういう人間だったか、どういう人間だと思わせる日常を過ごしているか(と感じさせるか)というところこそが大事なようだ。


そういう人間でありたいなあ、あれるかなあ、と思いつつ自分の日頃の行動を振り返る。

”今”からの行動で体現していきたいなあと思う(それしかないんじゃないかと)。一朝一夕にはいかないのも事実。でも上記の感覚からすると、日々の行動でありその背景にある意図でありが相手に伝わるその積み重ねがそういう人間足たらしめるのも事実だし。

こうやって人に何かを気づかせる人というのも魅力的だと思う(自分が勝手にしているだけなのかもしれないけど)。
e0019200_1156420.jpg

[PR]
by sagad | 2008-08-19 11:57 | Business

Birthday

18日、無事誕生日を迎えました。
休み明けというのと今のEngagementの関係で仕事につきっきりの一日となりましたが、それでも幾人かの方からメッセージをいただくことができ幸せな一日となりました。自分に宛てられたオリジナルのメッセージというのは理屈ぬきに本当に嬉しいものです。

こうしてメッセージをいただける関係、これからも大切にしていきたいと思います。

ありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by sagad | 2008-08-19 06:28 | Life

リセット

金曜日は中学~大学時代の友達で集まる。そして久しぶりに大学生の頃のような遊び方をする。
ただただ水に浮かんでいるような、フワフワ宙に浮いているような。何にも縛られず・自分を構えずにそのままでいる時間を過ごす。ぼーっとできるというよりは好き勝手動きまわれるイメージに近いのだが。

笑いとハプニングの絶えない時間だった。

自分をリセットできる場を持つ幸せを感じる。
e0019200_2322669.jpg

[PR]
by sagad | 2008-08-17 23:00 | Benibana