a IESE class of 2014, strategy consultant has focused on emerging economy and innovation management writes about learning from MBA, feeling from daily life, with photography. Twitter : @dsaga


by dsaga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

仕事を外した土曜日

この週末はいくらかゆっくりできた。髪を切り、財布を買い、そして仕事をしていた。
土曜日、朝起きて美容院の予約を夕方に変更し(寝すぎた)、準備をして外へ。目的は財布探し。先週だったかその前の週だったか小銭入れを失くしてしまい、かばんのポケットの一角に小銭を貯める生活をしていたのでどうにかしたい、そしてどうせなので財布を1つにまとめてしまいたいと思い買い物に繰り出した。丸の内でランチを済ませて路面店にたまに入りながら銀座へ。

もともといくつか候補を頭の中にもっていったのだけど、結局買ったのは違うもの。往々にしてこういうことがある。でもそうやって一目ぼれできるものに出会えるのは嬉しいことだと思う。大切に使っていきたい。(決めたのが土曜日で買ったのが日曜日)

そして夕方から美容院へ。前入ったのが3月の終わりごろだったのでまる二ヶ月ぶり。前回いってから今回行くまでの間に担当してもらっている方がPromotionされていて、Top Stylistになられていた。めでたい(^^)!お互いの仕事の話や将来のことの話をしながらゆっくりとした時間をすごす。夕方なので美容院は込んでいてあまりゆっくりとは話せなかったのだけど、それでも何も考えずに待っていたり、頭を洗ってもらっていたり、マッサージをしてもらっている時間はゆっくりとできる。

これから暑くなるということで今回は普段よりも短めでスッキリ。せっかくだったので自分でどうすべきか手をつけあぐねていた眉毛も整えてもらう。やはりプロはすごい。

夜はカラオケへ。早い時間から入ってご飯を食べながらカラオケをしていたのだけど、なかなか安上がりだし時間も遅くならないのでアリだなと思う。


仕事のことは忘れてゆっくりすごした土曜日だった。
[PR]
by sagad | 2007-05-27 21:47 | Life

あやふや

気がつけば金曜日になる。今日でこの一週間も終わり。前のEntryが週末の合宿なのだけど、そこから5日がたとうとしていることが信じられない。よくよく考えると月曜から木曜まで何をしていたっていうのはたどれるしたどりだしたら長いのだけど、ふと金曜日を迎えた自分を見るともう金曜日にいるの??と感じる。日付・曜日・時間の感覚があやふや。

この一週間で自分が出せたValueは何だっただろう / 出したくても出せなかったValueは何だっただろう。
この一週間で自分が遂げられた成長は何だっただろう / 遂げたくても遂げられなかった成長は何だっただろう。

タスクの量が増えるにつれて、その状況がCriticalになるにつれて、日々を振り返ることをしなくなる。Goalのイメージを握り締めて(ゆらぎつつも)、そのために目の前のタスクをひたすら片付けていく。後ろを振り向いている時間、余裕がなくなってくる。

それではいけない。

こういう状況だからこそEngagementの状況(Clientの期待値等含めて)を把握して手を打っていくだけでなく、その打ち手を考えて、打っていく自分・自分たちのできていること/できていないこと、High Valueの部分/そうでない部分っていうのを理解して、変える必要があるものはその場その場で変えていかなくてはならない。

自分で自分を振り返ることができなくても、僕たちはTeamで動いてる。

お互いがお互いの強みを伸ばし弱みを補完しながらこの状況を乗り越えていきたいと思う。こうしてリアルタイムで成長していける環境であること。これはTeamで動く大切な価値の1つだと思う。
[PR]
by sagad | 2007-05-25 02:23 | Business

仲間

e0019200_2325137.jpgこの週末は会社の仲間8人で、仲間の親戚の方が持っている宿@伊東へ行ってきた。目的があり、合宿と銘打って企画されたこの旅行だったのだけど、いざふたを開けてみると合宿だけにとどまらない、笑いと癒しに満ちた時間だった。

宿が貸切に出来たということもあって、一軒屋に8人で暮らすような雰囲気。気心が知れているメンバーだけにもう会社どうこうというよりは学生ノリ。サークルみたいなノリでディスカッションをしたり、散歩に繰り出したり温泉に入ったり食事をしたり。夜は恒例の飲みとカラオケ。久しぶりにおお笑いした。軽く腹筋が筋肉痛になる程に。
最近入っているEngatementの話がメンバーの一部にも耳に入っていたようで心配の声もかかる。嬉しいと同時に悔しくもあり、情けなくもある。チームのリーダーの”がんばれよっ!”という満面の笑みと重ねて発せられた一言がじーんと胸に沁みた。一言の中にいろいろなものが詰まっていると感じられたからだと思う。そう感じられたのはそのリーダーの普段の言動、かもす雰囲気によるところが大きい、これが人格というやつなのだろうなとしみじみ思った。

複数のEngagementを並行して持って走る過程で、全体のバランス(仕事の優先順位とかボリュームとか)とそれをとる自分のCapacityを考えたときに、すべてが中途半端になっているような、それぞれをそれぞれの言い訳にしているような気がして、そして内容によっては自分のValueっていうのが中途半端にしか出し切れていない、後一歩のところでつめられていない気がしてとてももどかしかった。

焦っても何も解決しない。

Clientにとって何がValueになるのか、それを丁寧におさえて、それにこたえるために何をするべきか考えてやるのみなんだと思う。そうした積み重ねが、不要な不安を取り除いてくれて、難しい状況でもぐっと前に進む一歩を踏み出す力になっていくのだと思う。

最近こういった気持ちに根ざしたentryが多いのだけど気持ちだけ盛り上げてもどうにもならないのもまた事実。頭と手を使って具体的に価値を生み出していきたい。


今1つのEngagementで一緒に参画している方は非常に優秀。そして僕の面倒をとてもよく見てくださる(見なくても安心してもらえるよう早く成長したいのですが(^^;))。その人に甘えてしまってはもともこもないけど、普段もらえる貴重なフィードバックを素直に吸収して、自分をUpdateしていきたい。昔自分の強みを考えたときに何人かの人に聞いてみたことがあったのだけど、”素直さ”だったり”飲み込みのはやさ”というのがあがった。素直=鵜呑みとせず、自分の血であり肉にできるよう咀嚼して飲み込んでいきたい。
e0019200_1224736.jpg

[PR]
by sagad | 2007-05-22 01:22 | Business

この山を登れば…

Consultantとしての正念場に立っている気がする今日この頃。
Clientとって何がValueなのか、どうすればそのValueを提供できるのか、久しぶり悩む。自分の中で悩む=思考停止だと思っているのだけど、悩む。ただ、考えること・動くことをとめて悩むのは意味がないし、それによってEngagementの状況の変化、コミュニケーションにおけるClientの機微を見逃すようなことは避けたい。

心身とも疲れてきたり、やりばがないって感じてしまいそうになる悔しさを噛み締めるようなこともあるのだけど、こういう環境に身をおけることはとても恵まれていることだって思える。

きっと、今自分たちは宝の山を登ってるんだろうなって思う。

Clientと共に登りきって頂上に着いたとき、自分たちが知ってか知らないでか手にしている、目的を達成する過程で得られた宝、そして鍛えられた自分たちを互いに褒め称えあえるような、そんな経験にしていきたいって思う。
[PR]
by sagad | 2007-05-17 01:51 | Business

Professional Mind

本日もパートナーとMeeting。以前会話したときはその質問の巧みさ、根元にあるGoalイメージの強さ、検証が必要な仮説構築の速さであったけど、今日のCommunicationから改めて、本質的に重要なものはもっと深く、そして言葉にしてみれば当たり前のところにあると感じる。

それは徹底的なこだわり。そしてプロフェッショナルとしてのプライド。

Clientの成長への徹底的なこだわり、そして自分たちのValueをそこへ最大限提供することへの徹底的なこだわり。それらをいかなる状況でも継続し続けるプロフェッショナルとしてのプライド。これらは誰が何を言ったかにこだわらない、本質的に何がClientの成長のDriverとなるのかを考え、一貫して主張する力の源泉となるし、そのために必要な視座の幅、行動のスピードの源泉となると考えている。

文字にしてみるとごく当たり前のこと。プロフェッショナルについて語っている本は多数あるし、読んでいてもそりゃそうだよな、と自然に通り過ぎていく。しかしそれを体現することは容易い事ではない。少なくとも自分はそうだった(だからパートナーからこうして学ぶことがある)。

ただこうしたきっかけが、自分の心の奥の方から興奮と悔しさと喜びと不安が入り混じった感情を沸き起こす。それは自分がこの徹底的なこだわりとプロフェッショナルとしてのプライドを持っていたいと望み、また同時にそれらをある程度持ってPerformanceを出すことができてきたという自覚をもっているからだ。自分が望む理想を目の当たりにしたことに興奮し、それに重なりきれていないと改めて自覚したことに悔しさを感じ、部分的に重なることができていたことに喜びを感じ、これから本当に重なっていけるのかということに不安を感じるのだろう。

Clientへの継続的な成長への徹底的なこだわり。それを体現し続けるプロフェッショナルとしてのプライド。知識やスキルの前に自分の心の真ん中にぎゅっと握り締めていたいと思う。
[PR]
by sagad | 2007-05-09 01:34 | Business

Kochi

5/3の昼に仕事を片付けて一路高知へ。高知の山の中にある友達の実家にお世話になりながら、充実した2泊3日の旅だった。ひろめ市場では日々おいしいカツオのたたきに舌鼓を打ちつつビールや日本酒を飲み、昼は登山(石鎚山)、温泉(どこだったかな…)、桂浜、高知城と巡った。登山以降、筋肉痛を抱えながらの行程だったがとても楽しかった。PCを持たず、テレビもほぼみず、音楽も普段聞かない音楽(森進一、さだまさし等(車に積まれていたカセット))。気心の知れた友達と心身ともにのんびりすごすことができた旅だった。

こういう時間も大切にしていきたい(^^)
e0019200_1442349.jpg
e0019200_1494477.jpg
e0019200_1443974.jpg
e0019200_1444952.jpg
e0019200_2011134.jpg
e0019200_1451223.jpg
e0019200_204292.jpg

[PR]
by sagad | 2007-05-06 14:06 | Life

Switch !

e0019200_13332284.jpg今日は朝からオフィスにやってきて仕事。終わらせておきたいことがあったので。

そして午後から(これから)旅行へ。国内で2泊程。

Switchをパチリと切り替えて、仕事も遊びも、やりたいことは全部やっていきたい(^^)
[PR]
by sagad | 2007-05-03 13:42 | Life

違和感に忠実に

自分の心のどこかにある(ありそうな)違和感。それを無視せずに1つ1つ拾い、解決していきたい。最近のあるEngagementに入っていて感じること。これをやっていかないといつの間にか自分の手から手綱が離れている、自分のCommitmentが下がっているというようなことが起こる。それは避けたい。

自分のPositionがどうあれ、関与度がどうあれ、Clientからみたら関係のないこと。Teamとしての価値が彼らの期待を満たせるか、そして超えられるか。

自分の違和感、メンバーの違和感を感じとり、TeamでハンドリングしながらGoalに向かっていきたい。

こういうChallengingだと感じれる環境、”自分としてどうしなくては”という(自分の勝手であっても)使命感を普段以上に心に帯びさせる環境に身をおけることが、自分の理想像を具体化させ、それに重なるための行動をDriveするのではないだろうかと思う(自分の興奮や使命感に酔うつもりは無いが)。

とても恵まれている(^^)
[PR]
by sagad | 2007-05-02 09:04 | Business

ロジカル・ライティング

e0019200_23582950.jpg本日は勉強会。テーマは以前のBlogのEntryで書いたと思うのだけど”ロジカル・ライティング”。勉強会の振り返りもかねて本の内容も簡単に振り返っておきたい。

内容は全体に非常にわかりやすい。大きく3つのパートからなっている。1つはそもそも”書く”というコミュニケーションを行う前提となる要素とその設定の仕方について。1つは設定したコミュニケーションの前提に基づいた論理的な文書の構造のつくり方について。1つはその構造を適切に表現するための文書の体裁の整え方、日本語の表現の仕方等について。

大事なのは最初のポイント。コミュニケーションの前提となる要素について考え抜くことだ。この本では5つをあげている。書き手・読み手・テーマ(Issue)・(Issueへの)答え・期待する反応。
コミュニケーションのGoalの状態を考えると、具体的にどういった相手にどのような反応をとってもらうべきかが明確になる。そのためにはテーマをどのような問いに分解して、どの程度の深さで答えればよいか、そして書き手としてふさわしいのが誰かが明確になる。

後の論理的な文書の構造のつくりかた(横にMECE、上下にSo what? / Why so?)や、曖昧な表現(形容詞や副詞)の排除、論理構成を視覚的に表すためのレイアウトといったものは上記Goalを実現するための手段に過ぎない。

ロジカル・シンキングにしても、このロジカル・ライティングにしても、いざ身につけよう・練習しようとすると往々にして上記の手段を用いることを目的として考えがちだがそれは避けるべきだ。もちろんつかいこなすためには練習は必要だが、練習のための練習ではない。

今日Brush upした内容は早速仕事に活かしていきたい。自分の中でそれなりにできているつもりでいたし、それなりにできていたけど、まだまだ。もっと効果的にGoalに到達するためには改善することがある。

次回はファシリテーションやリーダーシップ、コーチングといった他者へ対する個人の影響力の行使の仕方をテーマにした。特にファシリテーションについてはEngagementをリードしていく上で非常に重要であるしもっとうまくできるように研鑽したいと考えている。

楽しみだ。
[PR]
by sagad | 2007-05-01 00:22 | Book