a IESE class of 2014, strategy consultant has focused on emerging economy and innovation management writes about learning from MBA, feeling from daily life, with photography. Twitter : @dsaga


by dsaga
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

再会

e0019200_10598.jpg金曜日は、久しぶりの再会があった。
僕がGMSで初めてお世話になった方が東京へ異動してこられて、その歓迎会だったのだ。

僕がGMSの門を叩いたのは2004年4月。今からもう2年半前になる。社会人になってみたものの、このままぬるま湯に浸かっていたら自分はダメになる。そんな危機感を覚えて、成長の場を求めて向かった先がGMSだった。(なんでその環境を変えていくチャレンジをしなかったのかな、と今は思う。勿論それはGMSに通うことと相反しないのだし。)
最初に入ったのはクリティカル・シンキング(クリシン)のクラス。簡単に言うと、Issueを明確にして、ロジック・ツリーとピラミッド・プリンシプルを使って本質的な問題・解決策を考え抜いていくことができるようになるためのクラスだ。目の前のCaseに必死で取り組んでいたことを思い出す。実際の頭のキレはさておき、若さとその必死さからか、クラスMVPに選んでもらえたことも嬉しい思い出だ。そのときのクラスメイトとは今でもつながっているし今後もつながっているのだと思う。

さて、久しぶりにお会いして、その方は開口一番”老けましたね。いや、良い意味で。以前よりコンサルタントらしくなってますよー(^^)”…あー、痛いとこつく。確かに最近、ほぼ100%の確率で実年齢より上に見られる。30前半~半ば。まあ仕事上老けて見られることは嬉しいのだけど。

3時間くらいお店にいただろうか。久しぶりのGMSの雰囲気でまた成長の欲求を刺激してもらえた。これからも自分のいくべき道を走っていきたい。


1つ大切なことを思い出した。
講師の方はもともと交渉を仕事としてきていて、また今教えていること(クリシン)の内容からも、交渉であり人とのコミュニケーションについてはかなりの経験と力を持っている。その方に、この7月から9月頭まで色々とあった交渉事(?)について話してみると非常にスッキリとした答えが返ってきた。

相手の主張と自分の主張が異なっているとき、その主張のGAPを見るのではなく、何を元にそれを主張しているのか、相手の主張を支えているfactに着目した方が良い。主張の違いは、持っているfactが違うか、factの解釈が違うかの2つから生じている。そこを叩いていかないとお互い納得のいく合意にたどり着くのは難しい。

…あー、そのとおりだなーと納得。冷静に対処しようと思って粘り強く話し合っていたつもりだったけど、平常心でいる状態と平常心でいようとしている状態は大きく違う。

自分の欲求の優先順位、それを満たすために自分が意識せずにとっていた手段等考えてみた。ここには書かないけどまだまだ学ぶことは多い。

そして貴重な経験を得たし、貴重な仲間に恵まれていると改めて思う(^^)

負けずにストレッチしていきたい。
[PR]
by sagad | 2006-09-29 23:43 | MBA

TOEIC

e0019200_22362721.jpg今日はTOEICを受けてきた。
結局日々隙間時間にpodcastでCNNやABCを聞いていたくらい。Score Upは望めないかなと思いつつ会場へ。
テストを受けていて気付くのだけど、あー壁だな、という感じ。明確にわかるもの/わからないものを分けていくと大体前と同じスコアに落ち着きそうな感じ。日々の隙間時間で英語を聞く、仕事の中で理解が必要な英語の文書を読む等を今の感じでやってるままだったらもう一歩上へはいけないな、という感じ。

周りを見ていると隙間時間に問題集を解いている人、マーカー片手に英文を読んでいる人、色々な人がいる。自分ももう一度語彙を広めるところから、なんとなくじゃなくてちゃんと英文を理解できるように、基礎を鍛えないといけないタイミングかな、という気がした。

そしてTOEICが終わってから銀座へ。最近ちょっと調子が悪くなっていたiPodを診て貰いにAppleStoreへ。結局初期化してみたら動くだろうということで、shopの人に初期化してもらう。そのときに隣に座欧米人親子が座っていて、父親のibookを観てもらっていたようなのだけど、それを診ていた人は日本人。昔ニューヨークに住んでいたんだ、とにこやかに、かつとても流暢に英語でコミュニケーション。

…あー、英語話せるようになりたい、とこんなところでも刺激をもらえた(^^)

最後にその店員は”ありがとうございました”と日本語でお礼し、欧米人の父親は子供(女の子)に”ありがとう”を教えていた。その子は片言で”アリガトウ”と。なんていい光景なんだろう。

…目的はさておき、英語、流暢に話せるようになりたい。是が非でも。。
[PR]
by sagad | 2006-09-24 22:42 | Learning

gotemba + cart

e0019200_2291451.jpg9/23(土)は会社の友達つながり(?)で遊びに出かける。行き先は御殿場アウトレットと、富士スピードウェイ
朝の8時集合ということでがんばるも10分程度遅刻(^^;)申し訳ないと思いつつ急いで言ってみると相対的には全く問題なし、セーフ(^^;)
同期ではないのだけど、会社の、組織とか関係なくつながった集まりで遊ぶのは気も楽だし面白い。前日ちょっと飲みすぎて調子が悪かったので終始ぼーっとしていたのだけど…。

御殿場アウトレットは初めて行ったのだけど、かなり良い。広いし、入っている店舗も充実。そして自然の中にあるというのが良い。天気に恵まれたことも手伝って、富士山も見えるし周りには緑がいっぱい。都会に比べて空も広く、またもう徐々に空が高くなっているように感じられた。特に買い物の目的は無かったのでぶらぶらしながら普段買い物をする店舗の中でスーツやシャツを見てみる。やはり買い物よりも、天気のよさ、広々とした雰囲気を満喫する方に気持ちが行った。
昼は回転寿司。その店がなかなか有名だったことと、休日の人の多さから並ぶ。並んでまでご飯を食べたのはいつ振りだろうか…懐かしい経験をした。

そしてメインイベント、富士スピードウェイでのカートレース。

いざ行ってみると、偶然にもルノーのF1チームが公開練習を行っているとのこと。遠くから新幹線のような音が聞こえてきていて、急いで練習コースへ向かう。大勢の人がカメラやビデオを片手に観覧席に並んでいる。初めて生でみるF1、テレビでは全く興味を持っていなかったのだけど
生で見るとなるとワクワクする。

遠くの方からすごい音が聞こえてくる。
…徐々に音が小さくなっていく。

…うん?

なんと、減速して、くるりとピットの出口からピットへ入っていった…
それっきりでてこなかった…

確かに生のF1の車体は見れたのだけど…あんなに小回りが利くものだったとは知らなかった、というのが実物を見ての最初の気付き…(^^;)


さて、メインイベントに戻る。

当日までカートがどんなものなのか知らずにいて、頭の中ではおそらく”マリオカート”みたいなもんだろうと思っていたのだけど、いざ実物を見てみるとちょっと違う。いや、見た目は大体あってるのだけど、エンジンの音や実際にスリップ・スピンしてるのを目の当たりにすると若干緊張…(^^;)

1回ミニコース7周、2回チャレンジしたのだけど、2回目を終える頃にはすっかり慣れて、楽しんでいた。1回目は慣れてる人/慣れてない人でかなり運転に差があったのだけど、2回目は慣れてない人もなれ初めて、全員負けず嫌い発揮…。ヘアピンの度にそこらじゅうでスピンするわ団子状態になっても誰も道を譲らないわ、まさに手に汗握る熱戦だった(^^)ラップタイムの順位は真ん中前後…微妙。

帰りにはつい車の中でうとうと。サービスエリアで全員ソフトクリームを食べて解散。

なんか久しぶりに遊んだなーという1日だった。
帰ってきてからは久しぶりに体の疲れと心地よい眠気。すぐに寝てしまった。

良い一日だった。
[PR]
by sagad | 2006-09-23 22:05 | Life

社交的なトラ

やってみました。
http://www.ddart.co.jp/doubutu/doubutu.html


あなたは社交的なトラです。
--------------------------------------------------------------------------------



あ な た は ど ん な 男 性

社交的なあなたは、トラのなかでも好感度
ナンバーワンです。

誰からも好かれ、親しまれる雰囲気を持っ
ています。

人に対する優しさも持ち合わせているあな
たはいつもみんなの中心にいます。

しかしながら、誰隔てなくつきあう性格は、
人を疑う警戒心の無さから、思わぬ失敗に
つながることもあります。

自己がしっかりとあり、回りの雑音に惑わ
されない性格は時として他人から頑固に思
われることもあります。


あ な た の 本 質

あなたは自尊心が強く、独立心も旺盛で、
自分の思った方向に突き進む猪突猛進型
です。

人から後ろ指を刺されるような行為を非
常に嫌う正義感の持ち主です。

自分のためよりも人のために何かが出来
るあなたは、多くの人から好かれますが、
やや人の気持ちを汲むがに苦手なため、
思わぬところで人に恨まれたりすること
があります。

決して悪意は無いのですが、自分の思う
ところが正しいと思いこむところがあり、
誤解される事もあります。


対 人 関 係



持って生まれた誠実さから、人を裏切っ
たり冷たく扱ったり出来ないため、周り
からの信頼は厚いです。

話し上手ではないのですが、説得力があ
り、根回しやポイントの押さえ方がうま
く、対人関係上、相手をリードする役割
にまわります。

誰に対しても親切で人の世話をするのが
苦になりません。

朗らかな性格で、異性はもちろん同性か
らの支持も多く誰からも好かれる、得な
人です。



恋   愛

社交的な普段とはうって変わって恋愛に
関しては臆病なあなたはなかなか相手に
自分の気持ちをうち明けることが出来ま
せん。

あなたは相手の女性の心遣いや、考え方
など内面的、精神的なことで、その女性
に惹かれる事が多いです。

恋愛に関して直接的な行動に出ることが
苦手なあなたは少しずつ相手との距離を
縮めながら、静かに誠実な恋をはぐくむ
タイプです。


相 性(恋愛編)

恋人としての相性

○たぬき 相手のペースに合わせるのが上手な
     たぬきとは楽につきあえます。

×子鹿  八方美人の子鹿は嫉妬深いあなたを
     ハラハラさせます。

結婚相手としての相性

○ひつじ 冷静沈着で金銭感覚もしっかりしてい
     るひつじは結婚相手として最適。

×たぬき マイペースのあなたと、何かと家庭の
     事に細かいたぬきとは長続きしません。



相 性(仕事編)

上司

○黒ひょう おだてに弱い黒ひょうは、上を立てる
      事が上手な虎の部下をかわいがります。

×チータ  思いつきで動くチータが上司の虎は
      落ち着いて仕事が出来ない。

部下

○ライオン 指示通りきちんとこなすライオンを部下に
      持つと安心して自分の仕事に没頭できる。

×たぬき  言われたことを直ぐ忘れたり、うっかり
      ミスの多いたぬきには我慢できない。
[PR]
by sagad | 2006-09-23 00:19 | Life

かみ

切りに行きたい…。
前行ったのがおそらく7月の頭。あと少ししたら満3ヶ月。もともと少し長めにしてゆるいパーマをかけていたのだけど…もうぼさぼさ。とれかけパーマでサイドびょんびょん…。

今のProjectに区切りをつけたら心身ともサッパリさせたい(^^)
[PR]
by sagad | 2006-09-21 00:22 | Life

いま、会いにゆきます。

e0019200_192319.jpg今日は終日家でゆっくり。少しだけ仕事に手を付けて後は心身を休める。
その中で、夕方頃から前借りたDVDを鑑賞。

「いま、会いにゆきます。」

もともと、映画化の話が出た頃に書籍を買って読んでいたのだけど、なんとなく久しぶりに日本の映画を見てみたくなって借りてみた。ちなみに書籍を読んだときは涙ぼろぼろ。あんまり涙を流すタイプでもないのだけど、大学卒業を気に泣けるようになり(?)その後は本に弱い。映画より本。

頭の中に本の内容が戻ってくるような感覚で、何気ないところでも必要以上にせつなさを感じる。頭のスイッチを切り替えてしまえば、現実的でないし云々…で終わってしまうのだけど、そっちには蓋。

人を愛する気持ちもさることながら、最も強く感じたのは”本当に覚悟を決めた人の強さ”。

自分の幸せが何であるのかに気付き、それを自分にとってんの真実として受容れ、その幸せにたどり着くための選択肢を選択する。迷うことなく自分の意志に従える、おそらくその過程で障害が発生してもその全ても”なんとかしてしまえる”。
そんな、鬼気迫るものではない、不安を押し込めるための覚悟じゃない、素直に自分に従った結果としてなされる本当の覚悟というものを決めた人の強さを感じた。

久しぶりに心に栄養が沁みわたったような気持ちがした(^^)
[PR]
by sagad | 2006-09-18 01:15 | Movie

結婚式と仕事と

e0019200_0262653.jpg9/16(土)は会社の人の結婚式に招いていただいて、昼から横浜へ。
同じく会社の人と2人で受付を頼まれていたので少し早めに到着。簡単にレクチャーを受ける。これまで友達の結婚式ばかりだったので、会社つながりで招かれるのは初めて。周りを見ても知っているのは会社の人ばかりだしなんか変な感じ。

披露宴のテーブルはまるでTeam Mtgのようだった…(^^;)
幸せな雰囲気の中、色々な話に及ぶもやはりメインになるのは仕事関係の話。Mgrのスピーチも仕事の内容…ちょっと偏りすぎ。

式・披露宴へ出席して終わりかと思っていたのだけど結果は3次回までフルで参加。Teamのメンバーもほぼ全員参加(^^;)ちょうど式の準備と仕事のピークが重なっていっぱいいっぱいの状態だった新郎も当日はゆっくり迎えることができたようで、新婦ともども終始笑顔(^^)本当にめでたく思う。

Work Life Balance

本人もパートナーを持ち、家庭を持つ中で考えるようになたといっていた。僕はまだBalanceなんて考えられないのだけど、だからといって思いっきり傾くことができているかというとそうでもない。まだまだ中途半端だなと思う。

2次会~3次会の中では僕が尊敬している上の人とちょこちょこ仕事の話。その人は極めて合理的な人であくまで目的と事実を大切にする人。話をしていても余計なところで気を遣わなくていいのでとてもラク。で、色々とだめだし(^^;)言ってることが正しいだけに全て納得。自分がかくあるべき、という姿に重なっている人間から発せられる言葉でもあるし。

周りなんて関係ない。大事なのは、その周りが自分が達成するべき目的に対してどういう影響を及ぼすのか?そして達成するために周りをどうすれば良いのか。相手が誰だろうと関係ない。そこで受身になるのは、目的へのCommitmentが弱いだけ、責任感が無いだけだろ、と。

スッキリ目が覚める。あ、それそれ。やっぱりそれでいいんですよね(^^)と。
近い将来追いつきますという話をしたら”100年はえーよ”と。

まあなんと言われようとやることをやるだけ(^^)

帰りの方向も同じだったので電車の中でも色々と話す。期待されていたことを知る(酔っていての会話なので信頼性はおいとくけど)。明らかに泥酔しているように見えるのだけど、それでもロジックの通った話しをする…なんなんだろうか。

自分が選んだ選択肢に迷いは無い。

だけど、ただ自分に対しての期待やこれからTeamとしてどうやっていきたかったんだ、という話を聞くと少し胸が痛い。

そんな気持ちを成長をドライブする力に変えていきたい。成長したいし、自分からのものも含めて、自分のこれからに向けられている期待にめいっぱい応えていきたい。超えていきたい(^^)
e0019200_0461865.jpg

[PR]
by sagad | 2006-09-18 00:40 | Life

refresh@onsen

e0019200_2242315.jpgこの土日は、急遽温泉へいってきた。
Projectの状況から夏休みはとれないとわかっていたのだけど、どこかで心身共やすめておかないと持たないな-、と思っていたので。思い立ったが吉日。
土曜日の昼に東京駅から特急で1時間強。寝たりgameやったりして過ごしていたので、そして行き先の駅やらそこからの道やらも特に考えずにただ出発したので、危うく乗り過ごしかけるも、湯河原で特急からぎりぎり飛び降りる(^^;)セーフ。

土曜日は天気があまりよくなかったのだけど、駅からぶらぶらと歩きまわって、海を眺めてから旅館へ。海はやっぱりいい(^^)晴れてたらもっとよかったのだけど。

旅館についてからは部屋でのんびり。うとうとしながらgameをしたり(game多い)。すぐに夕食を済ませて部屋で飲みながらテレビを見る。なんか土曜夜のテレビ番組を19時くらいからずーっとみていくっていうのが妙に懐かしく感じた。たまにはいいものだ(^^)

ちょっと日常から離れたところで過ごす時間はとても大切。
で、こういう時間を意識的につくることっていうのもとても大切。今のところ自分にとっては日常≒仕事という感じなので、仕事のプレッシャーやストレスを一切追い出してしまえるような時間・空間というのを意識的につくって、そこで自分としてどういう人生をあゆみたいだったり、(トップダウンで)どういうCareerを積み上げていきたいだったり、はたまた少し矛盾するようだけど、仕事上の課題にどういう風にアプローチしていくべきかだったりをしていくようにしたい。

そこまでやろうと思うと、考える対象の大きさや複雑さにもよるけど、だいたい2-3泊程度必要かな、と思う。1泊だとリラックスして、ぼんやり考え始めたころにはCheckoutだったりするので(^^;)

後は家にそういうことができる空間をつくるとか・・・とりあえず部屋片付けよかな(^^;)

Refresh!
e0019200_22575630.jpg

[PR]
by sagad | 2006-09-10 22:58 | Life

整頓できない

今日はProjectのことで報告することがあったので組織のManagerのScheduleをもらって会話をした。…のだけど報告する内容がもうばらばら、そしてSo what?も不明確。自分でも思う、お前何が言いたかったの?どうしたかったの?と。

自分としてやるべき(なのだけどできてない)こと
他の人間に対しての不満・不安・期待

全然整頓できてなかった。
他人のPerformanceに納得がいかない、やり方/考え方についていけない。例えばそんなことがあったとしてもClientからしてみたらそんなことは関係ない。関心はOutputのValueとTiming。そして最も簡単にコントロールできるのは自分なのだからまず自分をもっとうまく使っていかないと、なんだけどそれにしてもさあ…とループ。Factとそれに対しての自分の解釈がごちゃごちゃだった。

なさけないなー。

Client First。
体現しているつもりでいたのだけど、まだまだ遠い。

人間としても成長していきたいものだと思う。
Memberが一丸となり、Clientも含めてまとまって共通の目的に走るあの興奮と充実。Exitしたときの嬉しさと寂しさ。それらを自分でつくりだしていけるように。もっともっと大きくはばたいて、楽しく貢献の場を広げていけるように。
[PR]
by sagad | 2006-09-08 01:48 | Business

スイッチングコスト

今日は久しぶりに違うProjectに参画している先輩PMとゆっくり話をする時間があった(といっても30分程度)。お互いのProjectの状況を共有しながら、Project Managementのなかで得た気づきをお互い話し合う。Sessionの進め方、ステークホルダーのManagementの仕方、MemberとのCommunicationのとり方、また上の関与のさせ方等々。
その中でお互いに共感した、且つ解決したい話として出てきたのが、頭のスイッチングコストの下げ方。
特に小規模のProjectをManagementしている場合、PMといえどもManagement業務以外にもなんらかの成果を具体的につくりだす業務も手がける。Projectのリスク、コスト、スケジュール、ワークの品質、ステークホルダーのマネジメント、メンバーのマネジメント、社内アドミ業務等々に関する、即ちManagementの課題と、Projectのなかで実際に自分が担当している業務における課題、その解決のための具体的なタスクと。
そのときに、往々にしてどちらの業務に対してもパフォーマンスが下がってしまう状況が発生する。頭のスイッチング自体に時間を要してしまって、結局どちらの効率も下げてしまうという状況が発生するのだ。

どう解決しようかと考えてみたのだけど、結論としては”効果的な経験を積む”というところへ行き着く。

頭では分かる。まず考えるべきは2つ。

1. 自分が頭を使うべき内容か(他を使うべきことで自分を使うのは合理的でない)
2. 今頭を使うべき内容か(今頭を使っても意味がないなら使わない)

1の結果Noならしかるべき人に投げて自分の頭から追い出す。
2の結果Noなら頭を使うべきとなる基準を大まかにでも決めてしまって、それがみえるまで自分の頭から追い出す。

で、自分が頭を使うべき内容 且つ 今頭を使うべき内容を洗い出したら、次は優先順位を決める。

優先順位は2つの観点から決める。

1. Clientに対してvalueの大きい内容なのか(CriticalなOutputか、もしくはそれにインパクトの大きい内容なのか)
2. Projectのスケジュール、コスト等に大してインパクトの大きい内容なのか。

Valueに対してCritical且つ、Projectのスケジュール、コスト等に対してCriticalなものから順に手を付けていけば良い(解決に必要な時間も加味して考えるけど)。
って思っても実際その状況が発生したときのプレッシャーの中ではなかなか自然に上記のようにはすぐには振舞えない事が多い。上記を意識して経験を積み重ねることが必要。

そ(んな中で気兼ねなく本音で語り合える、率直にフィードバックしあえる人がいるというのは嬉しいこと。わけのわからん上がいるより、こういう仲間がいたほうがよほど走りやすい。)
[PR]
by sagad | 2006-09-07 00:30 | Business