a IESE class of 2014, strategy consultant has focused on emerging economy and innovation management writes about learning from MBA, feeling from daily life, with photography. Twitter : @dsaga


by dsaga
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Careerを振り返る

e0019200_244254.jpg今日は今年に入ってから自分が参画したProjectについて整理した。その中で自分は何のために、何を、どうやってきたのか。自分として自信を持ってやってきたこともあれば、自信なんて意識する余裕も無くひたすらに走ったときもある。満足のいく成果を残すことができたときもあれば、そうでないときもある。

これから先、また新しい経験を積み上げていくのだけど、その中でも、自分のやるべきことを忘れず、それを実現すべく、実現するのに必要な能力を獲得していくべくチャンレンジしていきたい(^^)

何事も初めてのときはある。最初から2回目だ、なんてことはありえない。それがときに怖いときもあったりするのだけど、最も怖がるべきは”初めて”を避けて、自分の中で2回目以降になる経験だけをつみあげてしまうことだ。その選択しかできなくなること、そして”できなくなる”という意識も無くそれを選択し続けることだ。

これからも楽しくアウトプットしていきたい(^^)
[PR]
by sagad | 2006-08-27 03:28 | Business

誕生日

気がつけば誕生日ももう過ぎていた。
GREEだったりメールだったりでいろんな方からお祝いのメッセージをもらう。最近少々つかれていたのだけど1つ区切りをつけてていきたい。

ありがとうございました(^^)

8/19(土)の夜は外では食べられない特別なディナーをいただく。おいしかった(^^)
[PR]
by sagad | 2006-08-19 17:14 | Life
どのような場面においても忘れてはいけないと思うこと。

相手・自分に対して誠実であること。
相手・自分に対して率直であること。

色々な感情が高ぶるときもある、心の中・頭の中が混沌とすることもある。
それを吐き出すのは簡単なこと。それに流されてしまうことは簡単なこと。

自分が行動を選択するときの軸。

それは生じてしまった感情や思考の結果に従うというものなのか。
それらの葛藤から逃げるためというものなのか。

自分の行動は過去の結果に従って未来をつくるためのものなのか。

否。

自分が行動を選択するときの軸、それは自分の目的を達成するために必要かどうかであり、必要として効果が高いか低いかであり、その選択肢が自分が関係する各位に対してどのような影響を及ぼすかだ(身勝手な感じを受けるが、それは目的自体が利己的なものか否かに依存)。

その選択肢を実行する際には、相手であり自分でありに対して誠実・率直でありたい。

誠実でなければ、お互いに胸を張った、信頼関係に支えられたコミュニケーションはとれない。
率直でなければ、お互いにとってHappyな選択肢が何であるのかを見つけることはできない。

これらさえあればいい、なんて甘えるつもりも無いけど、ちゃんと心の中に据えておきたい。
[PR]
by sagad | 2006-08-15 02:08 | Business

身軽さ

今日はお世話になっているコンサルの方と六本木で食事。
自分のことを相談しつつIbank、コンサルの今後、戦略とIT etc...色々と話をする。自分は大したOutputをできずとも色々とInput。小籠包ラーメンも。。。

偶然にも小籠包は僕が昔上海へ出張へ行ったときに食べたのと同じお店(の日本支店)。そこの小籠包しか食べたことが無かったので味を比較できると思ったらかなわず(^^;)おいしかったけどやはり日本の方が高かった…。

会話のはしばしに感じるのは”悩むこと”と”考えること”との違い、そして頭の中でスタックすることと現実の行動に移していくことの違い。

身軽さの違いだ。(身軽であることと適当であること、行動や考えのQualityが落ちることは異なる。)

人のロジックや話については色々と突っ込んだり整理したりできているつもりでも、自分のこととなるとこんんな程度か…と。そして本に書かれていて、頭では分かっているつもりでも、現実に適用できる環境が整ってみるとこんな程度か…と。

どうすることが自分や関連各位にとって”win”をもたらすのか。
自分の中で優先順位を付けて対処していきたい。


未熟。


#Blogの写真を変えました。大きくするとピンボケです…夜景モード手ごわい(^^;)
[PR]
by sagad | 2006-08-14 22:57 | Business

悩む

最近、人間関係で悩む機会があって、意識せずとも頭と心の結構なシェアを占めてる。
そう、”考えてる”のではなく”悩んでる”というのがわれながら久しぶりというかなんというか、の感覚。悩んでるという状態はある種の思考停止状態だと思うのだけど。

何で悩んでいるのかを考えてみると、結局はもう自分として許容できるかできないかだけの問題。自分として中長期的に見てなにがどうあってほしくて、そのために今何を選択するのかというのは整理を付けた。それに対してしかるべきところからの反応も受けた。オプションも絞れてる。

ただ当たり前ながら得るものと失うものがある。その整理もついてる。

で?

で自分はどのオプションを選択するのか。選択した後どう行動するのか。

結局、得るもの失うものを整理できていたとしても、オプションのいずれかを選択したときに何かを”失う”という事実を許容できるのか否かの問題。

もっとうまいやり方があるんじゃないのか?
自分のオプションの評価は本当に正しいのか?

…悩む。
正解を他(自分の外)に求めてるからだろう。
そもそも全てうまくいく”正解”ってものがどこかにあるっていう前提を崩せずにいるからだろう。

人生は自分で責任を負って選択し、切り開いていくもの。
(自分にとっての)正解は自分の外にはない。自分の内にある。

一時的に失うものがあったとしても、それをリカバリーすることも含めて自分で選択できることだ。そしてその選択をした自分には失うものを超える価値のある得るものがあるはずだ。

悩むことはないはずなのだけど。。。


未熟。
[PR]
by sagad | 2006-08-13 23:41 | Business

ざうお

8/6(日)この日は昼にMeetingを1つ入れて、その後品川のアクアスタジアムへ。行ってみると20分待ち…。以前行ったときは空いていたのにと思ったのだけどそれは平日会社帰りの時間帯でした(^^;)
なので急遽映画を見に隣にある映画館へ。

その後は新宿へ移動。”釣船茶屋ざうお”へ。GMS大阪でお世話になっていた方がGREEの日記で紹介されていたのをみてふと思い立ち東京で探してみると3店舗ほどあった。船の形の座りながら釣りのできる席を予約して満を持して入店。

受付。サービスのカバー。お店の活気。…どうもちぐはぐだったのですが釣りと食事は楽しんできました。

鯛が釣れました。

e0019200_22124840.jpg

e0019200_22131549.jpg

e0019200_22133766.jpg

e0019200_2214054.jpg


ごちそうさまでした。ちゃんと残さずいただきました。
[PR]
by sagad | 2006-08-06 22:06 | Life

あたまとからだを鍛える

今日は午前は久しぶりにジムへ泳ぎにいった。最近運動不足気味だったのと、どうも気持ちもスッキリしない状態が続いていたので、とりあえず体を動かすことに没頭できれば良い気分転換になるだろうと。
昔たまにジムに行っていた時期があったので、そこから数えると3-4年ぶりのプール。泳いでみたら体が全然動かない(^^;)昔の水面を滑るような感覚も無く、体の動きがうまくかみ合わない。まあこれから継続的にやっていければ徐々に思い描いてるのに近い泳ぎに近づけるだろうと思う。

小一時間ほど泳いでジムを後にする。昼時だったので昼ごはんでも食べて帰ろうと駅の周りをうろうろ。
で、なんとなく近くのヨドバシカメラへ入る。するとそこにはニンテンドーDS Liteが。

実はつい先日、ひょんなことから姉が誕生日に買ってくれるという話を聞いて(+花火大会のときに友達の家で脳トレをやって)DS熱がにわかに高まっていたこともあり購入(^^)(姉からは品薄のため買えるかどうかわからないという話も同時に聞いていたので)ソフトはもっと脳を鍛える大人のDSトレーニング。
e0019200_17194888.jpg買った後昼食を済ませて帰途に着く。家に帰って早速いくつかやってみる。字が汚くて誤って認識されたり、認識自体されなかったりということを繰り返しながらもなかなか楽しむことができる。

良い気分転換になりそうだ。



あたまもからだもスッキリしたところでそろそろ仕事にとりかかる。
e0019200_17335866.jpg

[PR]
by sagad | 2006-08-05 17:35 | Life

ケースと現実と

金曜日は仕事を早めに切り上げ、GMSで共に経営戦略を学んだ方々と丸の内で飲みに行った。
今後のCareerを考える上で背中を押してほしいのもあるし、飲みにでも。とお誘いを受けてのことだったのだけど、久しぶりにお会いしてみると当のご本人は迷っている様子はない(もともと迷うようなタイプではないのだけど)。いつもどおりのパワーと繊細さでちゃんと考えられていた。
そして話は仕事の話やMBAのクラスの話へ。GDBA取得に向けて今も通われている方から久しぶりにケースをみせてもらった。コアクラスよりももう一歩高度になったコースのものであった。

改めて心身共に引き締まる思いだった。

問われるのは大きく括ると2つ。
1. この会社の問題は何?
2. この会社はどうすればいい?(あなたならどうする?)

現実のビジネスの中でこの問い(Top Management Issue)に答えたい、というのも自分がコンサルというCareerを選んだ理由の1つなのだけど(主体的に関与できない等色々考えるところはありますが)、こうしてケースと問いを見ると改めて心も身も引き締まる思いがする。

クラスには成長意欲に溢れた、強い意志と鋭い思考をもった人間が集まって、ケースを使ってどうすべきかを徹底的に議論する。最終的に答えは無いけど、メンバーや講師の方の様々な突っ込みや対案に対して自分の考えをぶつけ、より高いレベルの打ち手を見つけていく。ただケースはあくまでケース。誤った打ち手を考えても、頭の中で試行錯誤してもノーリスク。

現実に立ち戻って自分を振り返る。

自分は本当の問題にアプローチできているだろうか。それに対して現実的で最善の解決策を提供できているだろうか。崩せるはずの前提を忘れてはいないだろうか。自分がこの策を実行しろといわれたら自信を持って実行できる内容になっているだろうか。明確に打出されたケースの問いを見て、改めて現実で自分が答えている問いについて考えることができた。

この飲み会の機会をつくってくださった方の次のCareerの成功を願いつつ、改めて今後の自分を考えた。

現実を複雑に捉え出したらきりがない。単純化しすぎて解釈しても何の解決にも結びつかない。そもそも目的とそれを達成するために解決すべき問いを特定できなければ確からしい打ち手は打てない。

自分も色々とあるけど、目的を見失わずに動いていきたい。
[PR]
by sagad | 2006-08-05 09:13 | MBA