a IESE class of 2014, strategy consultant has focused on emerging economy and innovation management writes about learning from MBA, feeling from daily life, with photography. Twitter : @dsaga


by dsaga
カレンダー

<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ビジネスカジュアル

e0019200_0404641.jpg今日は色々とあって、銀座をぶらぶらしながら夜は食事のため恵比寿へ。

銀座では、普段仕事でも着れるようなちょっとカチッとした服装をするためにパンツを探していた。今までは、仕事着はスーツ、私服は適当なデニムだったりニット/シャツだったりとやってきたが、仕事にも普段着にも使えるようなちょっとカチッとした服をそろえておきたい、と思ってのことだ。
特に次の週末にはProjectの合宿があり、メンバーで集まるので、そのときも考えて、勿論自分がちょっとカチッとした服装をしてみたいというのも考えて、揃えておいたほうが長い目で見ても楽だろうと。

…結局自分が気に入ったものは見つけられなかったのだけど(^^;)

e0019200_1161.jpgDinnerは恵比寿の”イル・バッフォーネ”にて(食べることに夢中になって写真は撮るのを忘れる、もしくは食べ途中で気付いて撮る、といった感じに(^^;))。
民家の中にあり、見つけるのは困難なこのレストラン。Google Localで詳細な地理を確かめて、Webで情報を集めて出発。
e0019200_0471158.jpg迷いながらも(特に最後の階段は、見つけたものの「これ本当にあってるの??」という感じ)何とか辿り着くことができた。

料理は、冷たい前菜、温かい前菜、パスタ1、パスタ2、メイン、デザートというコース。料理は全体的に美味しいし、決して高くは無い。特にホタテとほうれん草(だったかな…(^^;))のパスタと、写真に撮ったメインはかなりおいしかった(^^)ワインも丁寧な説明がもらえて間違えない選択ができたと思う。

民家の中にポツンとある、まさに隠れ家的なレストラン。心から満足することができた。

街はすっかりクリスマスのイルミネーション。まだクリスマスや冬といった冷たく肌を刺すような空気にはなってはいないけど、おそらくあっという間にそういう季節が来るのだろうな、と思う。銀座からちょっと足を伸ばしてよった丸の内ではもう”ミレナリオ(東京版ルミナリエ)”の準備が進んでいた。11月もまもなく終わって、今年も後一ヶ月を切る。
今年一年目標を立てたのがつい昨日のように感じるけど今年ももう終わる。
目標にしても夢にしても、期限を切る大切さを身に沁みて感じる。

…写真は相変わらずぶれるな…(^^;)
e0019200_101276.jpg

[PR]
by sagad | 2005-11-27 00:45 | Life

Karada Scan 001

e0019200_11144570.jpg3-4日前から始めたトレーニング。
ジムへ行った翌日、Projectの他のリーダーの方に、「何かちょっと太ったんじゃない?むくみ?」という言葉を投げかけられつつも大切なのは継続。勝負はこれからと割り切りたい(…体重は変わってないんだけど…むくんでたのだろうか。むくみだとしたら原因が気になるところである…)。

ということで本日午前。ネットで購入した体重計が家に到着した。

早速第一回スキャン…。
…。
…。

■体重 : 65.4kg
■体脂肪率 : 13.8%
■基礎代謝 : 1581kcal
■BMI : 20.2
■骨格筋率 : 37.3%
■骨格筋レベル : 3 (1-6)
■内臓脂肪レベル : 4 (1-30)
■体年齢 : 22

昨日の夜結構飲んでいるため、数値の信頼性は若干低いかもしれないが上記が第一回結果。
痩せたいわけではなく、体をしめたいのが目的なので、体重どうこうの話ではなく、体脂肪率を減らして、骨格筋率を上げればいいわけだ。
後は健康に気を遣うのなら内臓脂肪レベルを下げることを意識しよう。基礎代謝を上げて太りにくい体にはしておきたい。そして何となく、体年齢を10代に戻したい。まとめると、

1. 骨格筋率を上げる。
2. 体脂肪率を下げる。
3. 基礎代謝を上げる。
4. 内臓脂肪レベルを下げる。
5. 体年齢を10代にする。

定量的に。

1. 骨格筋率を41%にする
2. 体脂肪率を10%にする
3. 基礎代謝を1700kcalにする
4. 内臓脂肪レベルを2にする
5. 体年齢を18歳にする

期日を切って。

来年の夏(2006/7)までに以下の5つの目標を達成する。
1. 骨格筋率を41%にする
2. 体脂肪率を10%にする
3. 基礎代謝を1700kcalにする
4. 内臓脂肪レベルを2にする
5. 体年齢を18歳にする

1と2以外は適当(全体に適当だが、3-5は結局1,2あたりから計算すると出てきそうな気がするため)。結局できることは自分へのI/Oに気をつけることと、Pでどれだけカロリーを消費できるか(筋持久力を高めるため?筋肉量を増やすため?)くらい。後はその部位(脂肪燃焼も然り)。


とりあえず来年の夏ということできってみたけどまぁプロセスを楽しめればいいと思うし、それを習慣にして健全な肉体を築ければそれでいいと思う(^^)
[PR]
by sagad | 2005-11-26 11:15 | Life

Incubate

11/25(金)の夜は、Yさんと食事をした。Yさんとはmixiを通じて知り合った、偶然にも同じ会社に勤めていて、この秋に起業された方だ。
前にお会いしたのが5月末。ほぼ半年が過ぎていた。

僕はYさんという人間が好きであり、彼との会話はとても楽しい。

物腰がとても柔らかく、かといって実際のビジネスの話を聞くと、そこには計算された構造が存在し、分析がなされている。そしてビジネスに大切なものは頭<心(社会貢献等世の中に対する理念、Vision)であるということをぐっと掴まれていて、熱い意志をも持たれている。そのような彼の人格が好きであり、会話に関しては、自身への刺激にも勿論なるのだが、何より、リアルタイムでIncubateしようとしている(した)実際のビジネスに関してアイディアを聞くこと、そこからアイディアを発散させること、それに対する話を聞く中で収束させること、そのプロセスが楽しい。

-----
最近参画したProjectの中では、まず考えを発散させるところから始めている。将来のマクロ環境がどのようになっているかというのをまず発想するのだ。

そこで自分の発散思考(なんてカタいことを言わなくても、なんていうことは無い。適当に発想をとばすことだ)が錆びついてるな、と。

そしてそんなことを思いながらも、集中して想像を膨らましていると気がつく。自分の発散思考(なんてカタ…略)がまた研がれて滑らかに回り始めた、と。

痒いところに手が届くというのだろうか。これまで水をやり忘れていた芽に水をやることができた感覚。今まで水を通していなかった水路に水を通して、その周りの土地が豊かに潤っていく感覚。固まりかけていた粘土が再び柔軟性を取り戻して自由に捏ねて形を変えていける感覚。
そんな感覚を得られていた。

その過程で、自分が今まで頭の中に入れてきた様々な知識が潤い、活きてきたように思えた。
そう。様々な理論やフレームワークに自分を従えるのではなく、自分がそれらを従え、使えているように思えたのだ。
-----

という最近の自分の中で起こっていたことも手伝ってYさんとの会話は楽しかったのだ。頭の中にクリシンであり、マーケティングであり経営戦略でありの発想がふわふわと浮かんでくる。それを現実のビジネスに対して使うことができるのだから。


Yさんの歴史というものを考えると、おそらく今は大きな転換点なのだと思う(そもそもの転換点というのはもっと過去の、今回の行動をとらせるトリガーへ遡るのだと思うが)。
その過程でCommunicateできることというのは本当に嬉しいことだと思うと共に、自分の歴史というものもしっかりつくりあげていきたいと思った。

僕はまだまだ甘い。
[PR]
by sagad | 2005-11-25 23:13 | Business

心地よい痛み

心地よい痛み。何のことか。そう、筋肉痛のこと。
昨日久しぶりにジムへ行って、走って、トレーニングして、というのを2時間程こなしてきたのだが、案の定上半身は肩周り以外全身筋肉痛。脚はそんなにハードな走りこみはしてないので筋肉痛になるほどのことではないのだと思っている。

高校時代は、毎日2-3時間、全力で走り回っていた(バスケ部)。筋肉痛なんてならなかったし、日々朝早く起きて(高校が遠かった)、授業を受け、部活をやり、遅くに帰り(部活が終わるのも遅かった)、寝る。その繰り返しだった。
脚が太くてスリムなパンツが履けないのことを恨めしく思っていたことを覚えている(キレイ目、モード最盛期)。贅肉はどこにも付いていなかったと思う(かといってそんなにごつくもなかったのだが)。

引退して体が細くなった。パンツのサイズは1サイズ小さくなった。昔できなかった服装が出来るようになったのは良いが筋肉が落ちたのはやはり良い気はしない。

大学はさておき、社会人になってから幾らか勉強をするようになった。頭を鍛えるようになった。
まだまだ足りないしこれからも”使える”頭として鍛え続けていきたいが、精神と肉体もやはりしっかりと鍛えていきたい。

楽しくやっていこうと思う(^^)

久しぶりに筋肉を動かし、当然その後は筋肉痛になる。
最初に書いたとおり、昔は運動しても筋肉痛にはならなかった、最近は運動をせず筋肉痛にはなっていなかった。

久しぶりに活動した筋肉が痛がっているのが、久しぶりであってもちゃんと動いてくれたことを示しているようで心地良いのだ。
[PR]
by sagad | 2005-11-25 00:20 | Life

体を鍛える

今日は昼前頃からジムへ行ってきた。
今年の目標の1つとしてあげていた”体を鍛える”を久しぶりに実践(^^;)
ごく最近(ここ2-3日)部屋でバランスボールを使ってトレーニングはしていたが、やはりジムに行くと器具も充実しているし、広いし、気持ちよく体を動かせたと思う。

遠ざかりつつあったトレーニングをまた習慣として組み入れていこう(^^)
せっかくなので新しい体重計を購入(週末に届く予定)これも活用して、ゲーム感覚で体を鍛えようと思う。

健全な精神は健全な肉体に宿るということで(^^)
[PR]
by sagad | 2005-11-23 18:22 | Life

Kickoff

明日はいよいよ例のProjectのKickoff。
燃えたい気持ちは抑えず、自分の中で燃やしたいものは全部燃やして、思い切り集中して楽しんでいきたい(^^)色々悩むことがありつつも、自分の中でいくつかの矛盾を抱えつつも、自分の中に生まれるねじれにちょっと苦しい想いをしていても。それでもやはりやりたいことはやりたい。そしてそれをやるからには夢中になりたい。没頭したい。

将来ではなく、この”今”というときに、ありたい自分でありたいと思うのです。
そしてそこから先、あり続けたいと思うのです。
[PR]
by sagad | 2005-11-21 23:58 | Business

父親との食事

僕は父親と腹を割って会話をする、ということを今までしてきたことがない。腹を割るどころか会話という会話をしたことが無い。小学校時代、中学校時代、高校時代、大学、社会人、どのステージにおいても、友達の話も、部活の話も、勉強の話も、ましてや恋愛の話も。
ただ、小さい頃、小学校時代、中学校時代の記憶として残っているのは、物心付いた頃から 僕は父親に気を遣うようになっていたということ、心のどこかで父親を怖がっていたということ。どの空間でも父親と二人きりになることを無意識でか意識的にか、避けるようになっていた。二人きりになったとき、自分がどう振舞えばいいのか、わからなかった。

そんな意識も、当たり前ながら成長するにつれて変化が生じてきている。最も大きい変化が生じたのは高校を卒業し、大学に入ってから。一人暮らしを始めてからだと認識している。

More
[PR]
by sagad | 2005-11-17 23:17 | Life

Creative Thinking

e0019200_1572516.jpgクリエイティブ・シンキング
僕がマーケティングを学ぶ上で少しお世話になった方が書かれた本だ。面白く思うのはその方の印象が”なるほどクリエイティブシンキングを思いつくわけだ”というようなものだということ(クリエイティブな感じ(適当さ?拡散し具合?軽さ?)を持ちつつも、それを客観的に捉えて論理的に考えるような冷静さも感じさせる、というものかな)。

僕はこの本をまだ読み終えていない。で、今その大切さと必要性を感じる。ちょっと錆びてしまった創造力、適当さをまた使えるように磨いていきたい。誰に対しても当てはまることなのかもしれないが、人の頭が一番速く回るのは”適当に(≒自然体で)”夢中になっているときではないだろうかと思う。少なくとも僕はそうだ。何らかの力学に押し出されて必死になってもだいたい的外れの答えか局所最適な答えしかでてこない場合が多い。何の力を受けるでもなく(受けたと認識するでもなく)、ただ自分から、自分のペースで動く(動いていると認識する)ことが大切だろうと思う。

自分らしく、自分どおりに動いていると感じた結果が一番だと考えているということ。

自分に対してどんな力が働いても、自分を取り巻く環境がどう変化しても、その中で自分は自分らしく、自分どおりに動いている、もしくはそう感じられるように日々活動することが大事なのだろう。

外で大地震が起きて、暴風雨も巻き起こり、雷もごうごうとなり、てんやわんやな状態になっても、それでも自分は自分(澄み渡る青空と穏やかな太陽、海(なぜかこんなイメージ))。自分の内側は安定させていたい。

話がそれたが、クリエイティブ・シンキング。読んで使ってみよう(^^)
[PR]
by sagad | 2005-11-16 23:35 | Business

Stretch!

新たなProjectへの参画を決めた。将来を見据えて自分たちがどうあるべきかを構想し、その上でInnovativeなSolutionを構築しましょう、というProjectだ(漠然)。期間は一ヶ月強と短く、今のProjectもある中で時間をコントロールして参画する。

これまでとはまた一味違ったバックグラウンドのメンバーとのProject。Stretchしたいと思うし、やはり自分のやりたいことはやりたいと思うのだ。そしてやはり、自分はありたい自分でありたいのだ。

Stretch!!
[PR]
by sagad | 2005-11-16 00:23 | Business
米経営学者ピーター・ドラッカー氏が死去
おそらくだが僕が始めてドラッガーの名前を知ったのは2002年の4月。社会人になり、Think!(東洋経済)という雑誌を買ったときだと思う。その中でどういった形でかは忘れてしまったが彼の名を知り、僕はネクスト・ソサエティという書籍を買った。
僕は今になってもその本を読み終えていない。そのときに開いた内容は僕が求めていた俗っぽい(?)経営戦略とは/論理的思考とは/マーケティングとは…等々の問いに答える内容ではなかった。少子高齢化が~、知的労働者が~、○○業界が~、といった、世界の今後を考察したような内容であった(ざっと流し読みしただけで詳細は理解していない)。

要するに、今の自分には必要ないな、という判断を下したのだ。

でと。何が書きたかったのかというと、ドラッガーという方がどんな人物か(失礼に値するのかも知れないのだが)自分は良くわかっていない。それでもこのような事実を目の当たりにすると、このタイミングにきてなのかもしれないが彼がどのような人物であったのかを知りたくなるのだ。

そして、よくわかっていない自分ではあるが、ご冥福をお祈りさせていただきたいと思うのだ。

ということを書きたかった。?と思うが書きたかった。

ネクスト・ソサエティ、読んでみようと思う。そしてこちらも。
[PR]
by sagad | 2005-11-13 15:13 | Life