a IESE class of 2014, strategy consultant has focused on emerging economy and innovation management writes about learning from MBA, feeling from daily life, with photography. Twitter : @dsaga


by dsaga
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

不戦敗でいいのか

先週の金曜日は久しぶりにGMSの経営戦略の先生含めて歴代の受講生で集まる。全部で50名近くの方が参加されていた。先生自身が戦略コンサルファームを引っ張られている立場にあるということも手伝い、自分の中で勝手にRole Modelとして捉えている。久しぶりにお会いして、パーティの中でプレゼンテーションいただいたのがグローバルの環境とその中における日本企業の課題について。

ロジックやチャート云々ではなく(勿論相変わらずの切れ味なのだが)、端々に彼の魂が込められているのを感じ、それがメッセージとして伝わってくる。グローバルの各産業における日本企業への叱咤であり、グローバルにおける日本への叱咤。そして彼が彼らを支える意志。

その中で特に印象に残っているのが、”不戦敗”という言葉。

成長するためには数々のチャレンジが必要になる。
それが難しいのもわかる。
方向性が見えたとしてもその一歩を踏み出すのがいかに大変かわかる。
この環境でその方向に進めば正解が待ってる、なんて話はないのだし。

でも、それでもアクションを起こさないと勝てないことは確かなのだ。
不確実な中でリスクをとりながらその勝ちを目指すのか、リスクをとらずに現状に体よく適応するに甘んじて不戦敗となるのを待つのか。



しっかりと相手の気持ちをわかりたい。状況を理解したい。
その上で、前者の選択をする、確からしい勝ち筋をみつける、途中で取り返しのつかない転び方をしないよう一緒に走る / 鍛える。

そこに資する存在でありたい。

そして自分の人生においても、不戦敗という道を選ばずに歩んで行きたい。

書いてみると相変わらず自分を子供っぽく感じるのだが、こう思う。
[PR]
by sagad | 2009-03-04 19:58 | MBA